読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンライトどっとこむ

おすすめのペンライト、サイリウムを紹介解説するサイトです

声優、アニソンアーティストのそれぞれのメインカラーをまとめてみた

ここ数年劇的に声優、アニソンアーティストが増えました。ほとんどのアーティストはサイリウムを使用した応援が可能であり、各アーティストでそれぞれメインカラーのようなものを持っていることが多いです。

アニメロサマーライブなどの様々なアーティストが混じるライブでは、今まで参加したことがないアーティストの場合が多いです。

今回は各アーティストのメインカラーをまとめてみました。事前に各アーティストのメインカラーや専用のサイリウム、ペンライトを購入したい方は参考にしていただければと思います。

 

 

 

アーティストには2パターンのメインカラー設定があります

声優、アニソンアーティストのカラーには2種類のバリエーションがあります。

1つ目は1種類のメインカラーをほぼ全曲に使用するタイプ

1色をメインカラーとして大半の曲をこの色で賄います。
声優だと「水樹奈々」青色をメインに使います。アーティストだと「fripSide」などがそれに当たりオレンジを中心に使います。ペンライト、サイリウムも最悪の場合1色で何とかなります。たまに特定曲などで別の色を使用することがあります。
※「」内は呼称を略しています。

キングブレードMAX2 シャイニング ブルー
by カエレバ

 

2つ目はメインカラーはあるけれど曲によって様々な色を使用するタイプ

メインカラーは一応あるもののあまり使用せず曲ごとに様々な色を使用するタイプです。声優のライブでよく見られます、例えば「三森すずこ」、「内田彩」などがそんな感じです。
普通に5~10色くらい使用することがあります。
またパターンは少し異なりますが、声優ユニットなどはその人数分でメインカラーが分かれているものです。そのような場合はこちらに属するようにしました。

キングブレードX10II シャイニング
by カエレバ

 

今回は上記2パターンに分け、各声優やアーティストカラーをご紹介していきます。

 

1色のメインカラーを使用するアーティストまとめ

  • 井口裕香(黄)
  • 黒崎真音(紫)
  • 水瀬いのり(青)
  • fripSide(オレンジ)
  • LiSA(ピンク)
  • 春奈るな(緑)
  • GARNiDELiA(青)
  • Pile(ピンク)
  • 綾野ましろ(白)
  • 水樹奈々(青)
  • 田村ゆかり(ピンク)
  • 新田恵海(黄)

メインカラーが1色の場合にはペンライトも最悪の場合1色でも大丈夫です。
たまにメインカラーから変わる曲があり、その場合に対処するために通常のキングブレードのような切り替えタイプのペンライトを用意しておくとよいでしょう。

キングブレードX10III Neo シャイニング
by カエレバ

 

複数色のメインカラーを使用するアーティストまとめ

  • 三森すずこ(ピンクメインで複数カラー)
  • 内田彩(緑メインで複数カラー)
  • スフィア(オレンジ、青、ピンク、パープル)
  • 内田真礼(曲により全曲異なる)
  • 茅原実里(オレンジメインだが曲により異なる)
  • petit mailady(曲により異なる)
  • 堀江由衣(メイン青、曲により異なる)
  • Trysail(青、黄、ピンク)
  • ミルキィホームズ(青、ピンク、緑、黄)
  • Wake Up, Girls!(緑、赤、ライトブルー、黄、紫、オレンジ、青)
  • ゆいかおり(ピンク、青)
  • Aqours(オレンジ、うすピンク、水色、白、黄、濃ピンク、緑、赤、紫)

このパターンは1人のアーティストで曲によって色を変化させるタイプと声優ユニットとして複数人いるため人それぞれでメインカラーが異なる場合です。


前者の場合は複数のペンライトを使用する機会があまりないためペンライトは1本でも問題ありません。

しかし後者の場合、自分自身が推す人が複数いた場合には複数のペンライトを用意する必要があります。

キンブレの場合両方をバルログで持ったとして最大で4本ってところですね。なかなか難しいですけどね。
普通は2本くらいにとどめておくことをおすすめします。

キングブレードX10III Neo スモーク
by カエレバ

 

まとめ

今回は声優、アニソンアーティストそれぞれのメインカラーをご紹介しました。

それぞれのアーティストごとに好きなカラーやその人に合った色をライブ参加者全員で照らすことができると一体感が生まれ私は爽快な気持ちになります。

皆さんも自分が好きなアーティストライブに参加する際にはペンライトを持ち寄って一体感を味わってみてはどうでしょうか?